テナントや油研工業に投資を行なう方法

一言に投資と言ってもその内容や手法は異なり、株を購入したり店舗の開店資金を出資したりと様々です。リスクリターンの計算を行い、利益は少ないものの大きな損失を出す可能性が少ない投資を選ぶか、利益は大きいものの保有している資産を多大に減らすリスクのある投資を選ぶかを、個人個人でしっかり行う必要があると言えるでしょう。
ビルや店舗などテナントへの投資方法としては、株を購入するかテナントそのものに出資するかのどちらかが一般的だと言えます。株を購入する場合には配当金を得るか株価の上昇による売却時の利益を得るかで、直接的な出資の場合テナントが得た利益を一定の間隔で出資者が得るか株と同じように配当を得るかで投資を行なった方の手元に金銭的なリターンが残ると言えます。テナントビルへの出資で言えばビルそのものの購入資金を全額、または一部お金を出資することで、そのビルで得た全体的な利益の一部を還元してもらえるようになっていますので、テナント投資はリスクもありますがリターンも大きな投資だと認識しておいてください。
油圧製品など環境関連機器の開発販売を行なっている油研工業への投資手段としては、株を購入することのみだと言えます。油研工業の一株辺りの株価は200円を下回っているため個人でも株が買いやすくなっており、国内外の政治情勢や石油国の状況によって多少の価格変動はあるものの、基本的には安定性のある株であることから中長期的に同じ株式を所有しておき、配当金を得たいといった場合に資金出資を検討すべき会社だと油研工業は言えるでしょう。株主優待制度こそありませんが、配当利回りが3.72パーセントとかなり高いので長期ホールドに向いている銘柄なのです。

ページの先頭へ戻る